食べ方

では、ごまを摂取したい時、どのように摂取するのがより良いのでしょうか?
同じごまでも、いりゴマやすりゴマ、ごまペーストなど様々な形で存在していますから、用途に合わせて使い分けていきたいですね。
例えば、少し前にも例に出しましたが、ごまの皮部分は堅く消化がしにくいと言われているので、生で食べる場合にはすりごまを、火を通せる場合はいりゴマ、と言った使い方をするのも一つの手かもしれません。
最も、消化が悪いといっても強いて言えば程度ですので、顕著に現れるものでもありませんし、あのプチプチ食感を楽しむことで飽きずに摂取するのは大切ですよね?

しかも、皆さんご存知、ごまといえば「セサミン」ですよね?
セサミンをより効率的に摂取するには、加熱処理を施したほうがいいとされているのです!
セサミンは加熱処理をしても失われることはなく、それ以上に抗酸化作用も高まっていい効果ばかりが現れます。
思わず生のままで使ってしまいそうなごまですが、一手間加えることでより健康的に摂取することが可能ですので、是非試していただきたいと思います。
また、セサミンに関するサプリメントは通販などでも多数販売されていますから、それらで取り入れるのもありかもしれませんね。