ゴマアレルギー

こんな素晴らしい穀物であるごまですが、実はゴマアレルギーというものにかかってしまう人(主に幼児期)も存在し、年令によっては卵アレルギーについで発症率の高いアレルギーなんだとか!
しかし、卵アレルギーについでとはいっても、ゴマアレルギーは卵アレルギーのように年齢とともに自然に治っていくものではなく、むしろ子瑜しにくいという最大の難点があります。

主なアレルギー症状はじんましん、浮腫、喘鳴、その他は目の痒みや、呼吸困難などのアナフィラキシーショックまであり、かなり症状はキツメのようですね。
しかも、キウイフルーツやケシ、ライ麦、又はヘーゼルナッツなどもゴマアレルギーとの交差反応を示すことがわかっているので、成分表などをしっかりとチェックしてから食べ物を摂取することが大切ですね。
ゴマアレルギーは幼いうちに発症することが多いのですが、ごまには乳幼児期の食事である離乳食などにもよく使われる食材であり、大変注意が必要です。
万が一、乳幼児がごまアレルギーの症状を本領発揮してしまった際には、抗体も少ない幼体ですからちょっとやそっとじゃすまない事態になります。
成分表のチェック、自分が食べるもの、人に食べさせるもののチェックは最大限に怠らないように心がけたいものですね。