肝機能

また、ごまの希少成分であるセサミンには、二日酔いを防ぐ効果もあるんだそうです。
「え、しじみじゃないの?」と思ったあなた、しじみはもちろんですが、実はごまにも血中のアルコールの分解を促進する働きがあることがわかっているのです。
意外と知らない事実ですが、貝と調味料…しじみとごま…どちらが気軽に摂取しやすいですか?
当然、ごまですよね?
目覚めの胸のムカツキや頭痛に、このセサミンが対処をしてくれます。
これは、二日酔いになってからではなくアルコールを摂取する際に一緒に摂取することで、肝機能を保護し、血中のアルコールを分解する能力自体が高められて、翌日まで引きずらないように努力をしてくれます。
実際にそれで翌日血中のアルコール濃度が低減されることが認められています。

しかし、体内で分解されたアルコールは消滅すること無く「アセトアルデヒド」に変化して体内に残り、二日酔いを引き起こします。
それが肝臓に及ばないように保護し、またそのアセトアルデヒドをも分解してくれるのが、あの小さなごまの中に眠っている「セサミン」なのです。
肝臓は難しい臓器ですが、また新たな強い味方ができましたね♪
これからは、お酒を飲む時に胡麻和えなどをアテでいただくようにすれば、翌日へのダメージを大きく減らせるかもしれませんね!